セキュトレの機能

セキュトレは毎年テスト問題が変わります

教育は、毎回同じ内容ではいけません。
ご存じの通り、プライバシーマークやISMSは継続的な改善活動です。
もし、前回と同じ教育内容であれば、「教育内容の向上(見直し)が図れてない!」
という審査上の指摘を受け、最悪、教育のやり直しを要求される可能性があります。

セキュトレは年度毎にテスト問題を変えております。
お客様は意識せずとも、今年度に実施したテストと、来年度に実施するテストでは問題が異なります。

  • PMS簡易版は年度毎では変えておらず、固定です

合否の自動判定

セキュトレは100点満点で合格としています。
100点未満の場合”不正解”表示と”再テスト”ボタンが出ます。
受講者は100点になるまで再テストを実施していただきます。

紙によるテストの場合、採点作業、合格基準に満たしていない受講者の抽出作業、そして再テストを促すことが必要となり、教育ご担当者の負担がかかります。

セキュトレを利用すれば、教育ご担当者の負担はかかりません。

受講記録のダウンロード

管理者は受講状況をファイルとしてダウンロードできます。
なお、記録は受講者毎に以下のステータスが記録されます。
合格→全問正解しています
不合格→全問正解せずに終了したと考えられる
中断→途中離脱や通信回線遮断が考えられる