» 事例紹介

お電話でのお問い合わせはフリーダイヤル0120-916-551まで
メールでのお問い合わせはこちら

 

HOME > 事例紹介

事例紹介

事例紹介 株式会社セールスマーケティング

情報セキュリティ教育サービス セキュトレ お客様インタビュー - セールスマーケティングtitle2.jpg

人材派遣のセールスマーケティングは、このたびセキュトレを導入、eラーニングによる社員、および登録スタッフへのプライバシーマーク教育を開始した。担当者の細上氏に、セキュトレを実際に使ってみての感想などを詳しく伺った。

セールスマーケティングは営業・販売職に特化した人材派遣会社

― セールスマーケティングの業態を教えてください。

04.jpg

セールスマーケティングは人材派遣会社です。2005年にスタッフサービスから「営業、販売職」に特化した人材サービス業として分社化しました。

拠点は全国に5箇所あり、合わせて3万5千人を超す派遣スタッフ登録者がいます。社員は100名です。

― セキュトレをどのように使っていますか。

2009年4月から、プライバシーマーク教育を行うためセキュトレの利用を開始しました。教育対象者は社員および派遣登録スタッフです。

現在就業中の派遣スタッフには、セキュトレの実施方法、URLとQRコード、実施期限を書面で案内しました。来社された新規スタッフ登録者には、エントリーシートの記入と同時にその場でセキュトレを行っていただくようにしています。

開始して1週間で、すでに対象者の半数以上がセキュトレによるプライバシーマーク教育を完了しました。ユーザビリティが高いことを実感しています。

セキュトレを導入した経緯

― セキュトレを導入するまでは、教育はどのように行っていたのですか。

01.jpg

派遣スタッフの方の新規登録時に個人情報保護法のビデオを見ていただいていました。内容的にはうまくまとめられているものでしたが、ビデオという性質上、一方的に流すしかなく、対象者がどこまで内容を理解しているか知ることは出来ませんでした。

そこで昨年秋頃に、ペーパーテストのほうがよいのではという意見が出ました。しかしペーパーテストの実施は手間がかかりすぎるため、なかなか腰が上がりませんでした。

― ペーパーテストを行うとすると、どのような手順になるのでしょうか。

まず、テスト問題を作り、案内文と解答用紙、そして返信用封筒を対象者の住所に送付します。対象者にテストを実施していただき、返信してもらいます。その後返信された解答のチェックを行います。

管理側の事務作業も大変ですが、対象者にとっても問題を解いて返送するという作業は手間のかかることですから、解答の回収そのものが非常に困難となることが予想されました。また、郵送であれば「届いていない」とか「なくしてしまった」というケースも必ず発生しますので、そのたびに送り直す等の手間が発生します。

もっと良い方法はないかと考えたとき、以前、他の教育でeラーニング教材を使ったことを思い出しました。eラーニングならペーパーレスで効率よく教育が行えます。

そこで、eラーニング形式のプライバシーマーク教育プログラムを提供しているところはないかと探したところ、タイミング良く、コンサルティングを依頼していたワークストラストの担当の方からセキュトレのことを聞きました。価格も手頃なため早速4月の実施となりました。

セキュトレはどのように実施するか

― セキュトレはどのように実施するのでしょうか。

まず、当社のセキュトレのアカウントに個人情報の取扱いに関する問題を入れてもらいます。登録スタッフの方は10問、社員は20問で設定してもらいました。

02.jpg

対象者がセキュトレのURLを開くと、会社名、名前、コードNOを入力する画面が出ます。対象者が自分の情報を入力し問題が開始します。

問題は選択式で、設問ごとに正誤の結果が出ます。正しい場合は次の問題に、間違った場合は解説が出て再挑戦し、結果的に全員が100点を取ることができます。実施時間は5分ほどです。

教育結果のレポートをワークストラスト様から随時送ってもらえるので、実施状況をチェックすることができます。

― セキュトレを実際に使ってみて良かったところはどこですか。

03.jpg

セキュトレを利用してみて良かったことは以下4つです。

1.管理者の手間をカットできること。

ペーパーテストと比べて、問題を作ったり、問題用紙を郵送したり、採点をしたり、という手間が省けます。また、単に手間が省けるだけでなく、プライバシーマークのコンサルティング会社が提供するサービスですから、内容についても安心できます。

2.対象者に実行してもらいやすいこと。

開始して1週間で既に半数以上の方に実施してもらいました。このように実施率が高いのは、対象者の都合の良いときにPCでも携帯でも実施できるからだと思います。外出先で携帯からできるのは非常に便利です。

3.「テスト」ではなく「教育」ができること。

ペーパーテストだと対象者は自分の解答が合っているのかどうかその場ではわかりません。その点、セキュトレは、間違えると解説が出てくるので、その場で学んでいただけます。

4.教育を実施した証明になること。

これまでのようなビデオを見せるやる方だと教育実施の記録が残りませんが、セキュトレは実施した内容のレポートが出るので、そのまま教育の証拠としての書類にできるところも良い点です。

今後は年一回セキュトレを実施予定

― 今後はセキュトレをどのように使っていく予定ですか。

今後は社員と就業の派遣スタッフの方を対象に年一回セキュトレを実施していく予定です。ワークストラスト様にはセキュトレに関して、そしてプライバシーマーク全般についてこれからも相談に乗っていただきたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。

——————————————————————————————————-

※取材日時:2009年4月  事例インタビュー:取材屋

●セールスマーケティングのホームページ  http://www.salesmarketing.co.jp/index.html

ご相談・お問い合わせはお気軽に!!
メールでのお問い合わせはこちら